アレルギー性結膜炎の治療について

アレルギー性結膜炎のような目のアレルギー疾患の治療には、抗アレルギー点眼薬がよく使われます。

抗アレルギー点眼薬にはヒスタミンH1拮抗点眼薬とメディエーター遊離抑制点眼薬の2種類があり、ヒスタミンH1拮抗点眼薬はかゆみを引き起こすヒスタミンの作用を阻止する効果があるため、かゆみのあるときに用いられます。

メディエーター遊離抑制点眼薬はかゆみを引き起こすヒスタミンを増やさないようにする効果があります。
こちらは効果が見られるまでに2週間程度かかるため、花粉が飛散する前に点眼をはじめて、飛散中の症状を軽くするために用いられます。

抗アレルギー点眼薬でも治まらないケースや、角膜に傷ができるなど症状が重度なケースでは、ステロイド点眼薬を用いることもあります。
また、アトピー性皮膚炎がある場合にはまぶたにステロイド軟膏を塗って治療することもあります。
ステロイドは副作用が生じる可能性もありますので、医師の指示に従うようにしてください。

また、点眼薬で症状が治まらないときなどでは、抗アレルギー薬を内服する場合もあります。

以上のような薬での治療の他にも、前述の予防法に記述したように、花粉やホコリなどに対して、日々の生活の中で自分ができることを実践してください。

バランスのとれた食生活や、たばこやお酒を控える、早寝早起きをする、ストレスを溜めないようにするなど、規則正しい日常生活を送ることも重要だと考えられています。


次のページで、緑内障について詳しく解説いたします。もっと見る