出産方法について

出産を迎え、子供を生む方法の選択肢があります。

出産の種類

  • 自然分娩
    陣痛が自然にくるのを待って自然に出産する、一般的な分娩方法。
  • 和痛分娩(無痛分娩)
    麻酔を使って陣痛の痛みをとる分娩方法。
  • 帝王切開
    お腹を切って赤ちゃんを直接取り出す方法。

私の次女の姉は帝王切開でした。
原因は子宮筋腫があったからで、2人子供がいますが二人共帝王切開でした。

私はなるべく自然分娩が良いと思っているのですが、自然分娩にも色々な種類があるんですねー。

自然分娩の種類

  • 水中分娩
    専用の浴槽やプールの中での出産
  • 座位分娩
    分娩用の椅子に座っての出産
  • フリースタイル分娩(アクティブバース)
    立ったままや四つんばいなどの姿勢での出産
  • ラマーズ法
    よく聞く、ヒッ・ヒッ・フーの呼吸法での出産
  • リーブ法
    中国の気功法を取り入れた出産
  • ソフロロジー
    ヨガや瞑想を取り入れた出産

自然分娩といっても色々種類があるもんですね。
ドレスを選ぶのにも一生決まらないぐらいの優柔不断の私にとって選択肢は敵でございます。

自然分娩は、陣痛おしるし・破水から分娩が始まりま、強烈な陣痛があってからの出産がほとんだそうです(怖)

一般的に初産婦は分娩に時間がかかるといわれているので頑張ります。
でもぽん太郎(仮)はおとなしいし悪阻(つわり)もないのでするっと出てくると勝手に思ってます。

陣痛について

お産が始まると、赤ちゃんを押し出すために子宮は規則的に膨らんだり縮んだりするそうです。
陣痛とは、この収縮のときに感じる痛みのことで、最初は不規則な痛みやお腹の張りがあるのですが、最終的に規則的な痛みへと変わるそうです。

私は結構鈍感なので、陣痛に気づかなかったらどうしようと心配してますが、徐々に痛みが強くなって痛みが来たり治まったりするのですぐわかるそうです。

陣痛が10~15分の間隔になったら、病院に連絡したほうが良いそうです。
その時に同時に破水をするケースもあるそうなので病院に連絡して指示があればすぐに入院となるそうです。

自然分娩にかかる時間

自然分娩は10〜15分間隔の陣痛がきてから子宮口が全開するまで約10時間で、赤ちゃんが出てくるまでに2時間ほどかかるそうです。

初産の場合は平均で12~15時間かかるそうで心してかからねば。
個人差があるようなので私は特別早ければいいなと思ってます。

自然分娩のメリット・デメリット

私は今のところ自然分娩を考えているので、メリットとデメリットをまとめてみました。

自然分娩のメリット

  • 回復が早い
  • 立ち合い出産ができる
  • 産後すぐに授乳やカンガルーケアができる

自然分娩のデメリット

  • 陣痛から出産までとても痛い
  • 生まれてくるタイミングがわからない
  • 会陰裂傷が痛い
  • 痛み止めなしで縫合される(事が多い?)

自然分娩の費用

引越し費用で頭を痛めている毎日ですが、出産にも費用がかかるのでこちらを優先に。。。

調べたところ自然分娩だと健康保険は適用されないみたいで全額自己負担だそうです(涙)
分娩費は、大体15~25万円とのこと。

それとは別に入院費がかかります。
部屋代と食事代の利用する病院の合計で、1泊15,000円~30,000円ぐらいだそうです。

大部屋でなく個室に入院すると、1泊5,000円~10,000円ほど更にかかるそうですが、私はさみしがりやなので大部屋にすると思います。
入院期間は母子の状態にもよりますが、平均で5~7日ほどだそうです。