ダイエットは大変だ

妊娠すると良く食べる物の好みが変化したり、かたよった食生活になったり、あそこの○○が食べたくなるとかいいますよね。

私の次女の姉は「ファミマにしか売っていないあの限定のポテチが5分以内に食べたい」というぐらい食に細かくなったって言ってました。(というかもうそれはただのワガママ)

私は元々食べることが好きなのですが、妊婦になってもっと食べることが好きになった気がします。
特に甘いものが好きなせいか、自分にも甘くなって運動などせずご褒美だけ頂いています(笑)

なんで太るのか

そもそもなんで妊婦は太るのか?
私の場合、少しだけ思い当たるフシがあります。
甘いもの食べ過ぎとか間食し過ぎとか寝過ぎとか運動しなさすぎとか(少しだけじゃないし多分正解)

一般的な理由としては、

  • ストレスで食べすぎてしまって太る
  • 食べづわりで食べて続けて太る
  • 甘いものだけ食べてしまって太る

だそうで、食べたら太るという当たり前なことですね(笑)

私の知り合いのアンチエイジングの先生が、どうしてあんなにお金持ちのマドンナがどんなに高額な医療ダイエットをしたりいろんな高級サプリを試したり名トレーナーをつけても太ってしまうのは食べ過ぎるからと笑いながら言ってました。

動かなくなって食べてばっかりいたら妊婦さんだけじゃなくても太りますよね。

昔は、子供の分まで食べなさいと(こうるさい姑)がお嫁さんにいっぱい食べさせる光景を目にしたり聞いたりしていましたが、実は最もカロリーが必要とされる妊娠後期でも、今までより多く食べて良いのは500kcalと言われているんです。

ちなみに私の大好きなガーナリップルは1箱352kcalなので2箱目は半分にしなきゃですね(そういうことではない)。

スーパー余談なのですが、ガーナリップルは23枚入りとパッケージに書いてあるのに24枚入っているそうですので今度数えてみてください(笑)

妊婦の肥満の危険性について

私は別に太っても大丈夫だろうと楽観的に思ってましたが、お腹の赤ちゃん(ぽん太郎(仮))が大きくなるにつれ真剣に考えるようになりました。
Google先生に尋ねてみたところ、妊婦の太り過ぎによる危険性は次のようなことがあげられていました。

  1. 難産になる
    出産時に何かしらのトラブルがある
  2. 妊娠高血圧症候群になる
    母体や胎児へ深刻な悪影響をもたらす
  3. 妊娠糖尿病になる
    子供に障害が出たり流産や早産になる
  4. 体への負担が大きくなる
    膝・腰へのダメージが大きくなる

また、私が特に気にしている妊娠線ですが、一気に太りすぎるとより深刻になるそうです。
クリームを一生懸命塗ったりマッサージしてますが、ダイエットが1番効果ありそうですね(涙)

ポイントを押さえてダイエット

ダイエットしなければならないけど極端な食事制限もぽん太郎(仮)に栄養がいかないと思うので、私が常日頃気をつけるようにしたことをまとめました。

  • 塩分を控えた食事を心がける
    1日当たり10g以下
  • 和食中心の食事にする
    おからを取り入れるのがおすすめ!
  • 間食を工夫する
    噛む回数が増えて満腹感を感じやすいおやつに!
  • 酵素ドリンクを飲む
    野菜や果物の栄養素もたっぷり!
  • 毎日体重計に乗る
    なるべく同じタイミングで体重の推移を把握!
  • 食べたものを記録する
    体重が増えた原因がわかる
  • 毎日のウォーキング
    医師から止められていなければ積極的に!
  • 便秘を解消する
    市販薬は厳禁!

なお、私は6ヶ月目で安定期に入っているのでそうでない方は無理をしないで安定気に入ってからお医者さんと相談してダイエットをがんばってください!