セルライトの原因

セルライトは皮膚の下の脂肪細胞が肥大化することによって皮膚の表面に現れてくる現象です。
脂肪細胞が肥大化してしまう理由について次の原因が考えられます。

1.代謝の悪化

身体に必要な栄養は血液によって全身の細胞に届けられます。
そして、不要なものは静脈リンパ管で回収され、排出されていきます。

このような作業が血流によってスムーズに行われることによって身体は健康な状態が保たれています。
この血流が悪くなってしまうと、タンパク質や脂肪からエネルギーを作り出す代謝がスムーズに行かなくなってしまいます。

そうなると脂肪が燃焼されにくくなり、その場にとどまって肥大化されてしまいます。

2.生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは肥満を引き起こしやすく、それが脂肪細胞の肥大化につながると考えられます。

  1. 運動不足
    脂肪の増加につながりセルライトができやすくなってしまいます。
    有酸素運動を行うことにより代謝を上げて、脂肪を燃焼させることが大切です。
  2. 食生活
    脂肪分や糖分が高い食生活は、体内の脂肪を増やし、セルライトにつながりやすくなります。また、脂肪が溜まってしまうと血流も悪くなり、悪循環を招きます。
  3. ストレス
    ストレスもセルライトの原因のひとつと考えられています。
    ストレスは血管を縮小させ、血流が悪くなります。

3.老化

高齢化に伴い代謝レベルや筋肉の低下もセルライトの原因の一つと考えられています。

また、女性は年令を重ねると閉経によって女性ホルモンの分泌が減ってしまうので、さまざまな体調不良が生じてきます。
そのあいだに不要なセルライトができてしまうケースも考えられます。


次のページで、セルライトの予防について詳しく解説いたします。もっと見る