治療ができない生理的飛蚊症

飛蚊症の原因で最も多いのが、生理的飛蚊症です。
生理的飛蚊症の原因は老化です。

紫外線や青色光が硝子体に入ると活性酸素が発生して脂質やたんぱく質が酸化します。
酸化した脂質やたんぱく質は硝子体を変質させて飛蚊症が生じるようになります。

若者であれば、悪玉活性酸素の発生が少ないため飛蚊症になりにくいですが、加齢と共に抗酸化力も落ち悪玉活性酸素が蓄積されるため飛蚊症になりやすくなります。

生理的飛蚊症の原因

近年はストレス等により若者でも悪玉活性酸素が多く発生して、飛蚊症になる方が増えています。
また、目を酷使しすぎることも原因となる飛蚊症は、最近のスマホユーザー数やパソコンで仕事をする人の数に比例して多くなると言われています。

その他、通常は生まれた後になくなっている硝子体に血管が、うまれた時点でも血管のなごりが硝子体に残存して濁りとなって飛蚊症の症状を感じることもあります。

しかしながら、これらの状況は医学的に問題がないとされていて、治療薬がありません。
理論上手術は可能ですが、リスクが高く現実的ではありません

とはいえ、症状が現れた当初は非常に不快だと思いますので日頃の予防対策をしっかりとしましょう。

生理的飛蚊症の予防方法

飛蚊症は目の酷使や加齢が原因なので誰でもなる可能性があります。

日々のケアが何より重要で、特に気を付けたいのが、コラーゲンヒアルロン酸になります。
硝子体の成分は、99%が水分で残りの1%がコラーゲンとヒアルロン酸です。

硝子体に含まれるコラーゲン線維はもともと透明な線維なのですが、加齢と共に濁るようになってきます。
ヒアルロン酸については加齢に伴って十分な水分を保持できなくなるので、硝子体の中に液化した部分(液化腔)を形成してしまいます。
こうならないためにも、ヒアルロン酸とコラーゲンを正常な状態に保つように心がけてください。


次のページで、老化と近視による飛蚊症について詳しく解説いたします。もっと見る