飛蚊症について

明るいところや白い壁、青空などを見つめたときに、虫が飛んでいるように見えるたり黒い点や糸くずのような浮遊物が見えるたりしませんか?
飛蚊症は、暗いところでは気になりませんが、視線を動かしても一緒に移動してくるように感じられ、まばたきをしても目をこすっても消えない症状のことをいいます。

ほとんどの場合では問題ありませんが、重大な病気の初期症状として飛蚊症があらわれる場合もありますので、しっかりと見極めることが重要となります。

2種類ある飛蚊症

飛蚊症には、生理的な原因のものと病気が原因のものの2種類あります。

生理的飛蚊症

生理的飛蚊症は正確にいうと、病名ではありません。
硝子体(しょうしたい)という目の中にあるゼリー状のゲル組織が変質して起こるもの、とくに加齢による濁りが原因とされています。

光が角膜水晶体を通して入っると、この硝子体を通過して網膜に達し映像となります。
しかし、年齢などにより硝子体が劣化することで浮遊物があると影となって網膜に映るようになります。
これが生理的飛蚊症の正体です。

病的飛蚊症

病的飛蚊症は、網膜が剥がれることが原因の網膜剥離硝子網膜に穴が開いたことが原因の網膜裂孔眼底出血などが原因で起こる飛蚊症のことを指します。

重篤な病気の前触れの可能性が高いため専門医による診断を受けるようにしてください。


次のページで、生理的飛蚊症の原因と予防法について詳しく解説いたします。もっと見る