既に飛蚊症の症状が出ている場合

病的飛蚊症の場合は治療が可能なので、飛蚊症を自覚した場合は、まず眼科を受診するようにしてください。

の場合の完治は難しいですが、症状を和らげたり、進行を遅らせることは可能です。

飛蚊症の予防方法

飛蚊症の原因は紫外線や目を酷使することですので以下に気をつけて生活をしてください。

  • 外出時はサングラスを着用する
  • スマホパソコンの使用量をを減らす
  • 必要な栄養成分を摂取する

目に必要な栄養成分

アントシアニン

アントシアニンはブルーベリーなどのベリー系の果物に多く含まれポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用があります。
また視神経細胞の新陳代謝を活性化させるので、眼疲労の改善にも効果が期待できます。

ルテイン

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれるカロテンの一種で、抗酸化作用を持ちます。
活性酸素を分解するだけでなく、紫外線や青色光を吸収するので天然のサングラスとも呼ばれています。
人間の体内では合成できないので、サプリなどで積極的に摂り入れる必要があります。

コラーゲン・ヒアルロン酸

コラーゲンとヒアルロン酸は硝子体の成分なので、質の高いものを生成する必要があります。
いずれも加齢によって減少するので、体内で円滑に合成が進むようアミノ酸の摂取を心掛けるようにしてください。

ビタミン

ビタミン全般が飛蚊症対策に大きな効果が見込めます。

  • ビタミンA・・・細胞や粘膜の保護する
  • ビタミンB1・・・視神経の伝達をスムーズにする
  • ビタミンB2・・・視力を維持する
  • ビタミンB12・・・眼精疲労を回復する
  • ビタミンC・・・眼球に高濃度に含まれる成分で眼病予防になる
  • ビタミンE・・・抗酸化作用を持つ

目の調子がよくない時に眼科にいくと、ビタミンCを処方されますが、 その理由は眼球がビタミンCを高濃度に含む器官ということが分かったからです。
飛蚊症・白内障・緑内障・加齢性黄斑変性症などの目の病気になった場合は、ルテインだけではなくビタミンCを多く摂ることが重要となります。


次のページで、飛蚊症を引き起こす病気の種類について詳しく解説いたします。もっと見る