緑内障の検査について

いったん緑内障で失った視野は元に戻すことはできませんが、早期発見・早期治療を行えば、進行を最小限に食い止めることができるので、日常生活を支障なく送れる可能性が十分に残されることとなります。
ですので、定期的に検診人間ドックを受けて、自覚症状が現れる前に発見することが重要となります。

緑内障の診断においては、主に次のような検査をします。

眼圧検査

眼圧検査は、眼球に器具を直接当てたり、眼球に圧搾空気を吹きつけたりして眼圧を測定します。
眼圧の正常値は10~21mmHgとされていますが、日本人には眼圧が正常でもなる正常眼圧緑内障の患者さんが多いので、この検査だけでは緑内障を診断することはありません。

眼底検査

眼底検査では眼底カメラ眼底鏡などを使って眼底を観察し、異常を調べます。
緑内障は、眼底の視神経乳頭(視神経の出口)の大きさ、形、深さなどを調べることで診断や進行具合を把握することができます。

正常眼圧緑内障も眼底検査で診断可能です。

光干渉断層計(OCT)検査

光干渉断層計(OCT)検査では、近赤外線を当てて撮影した眼底断面の画像を解析して、網膜や視神経の状態を調べます。

光干渉断層計(OCT)検査は、視野欠損が始まっていない最初期の段階から視神経の異常を発見できるので、従来の検査法よりも早期で正確な診断ができます。

視野検査

視野検査では、視野欠損があるかどうか、ある場合は視野欠損の位置や程度などを調べます。
視野検査は全体の視野を調べる動的視野検査と中心付近の視野を調べる静的視野検査があります。

視野検査により、自分では認識が難しい微小な欠損まで確認することができます。

隅角検査

隅角検査では、隅角鏡という専用コンタクトレンズを着用して、隅角の開放や閉塞の状態を調べます。


次のページで、緑内障の治療について詳しく解説いたします。もっと見る