早期発見には定期検査が不可欠です

骨の状態を検査するためには、X線を使って骨の量や変形具合を確認したり、血液あるいは尿検査で骨代謝のバランスを調べたりしています。

DEXA法(DXA法)

DEXA法は、ガイドラインで推奨されている標準的な検査方法とされています。

ほかにも様々な検査方法があり、骨の量は各検査で測定する場所や、検査の精度が異なります。
そのため、骨の量を医師に伝えるようにしてください。

閉経後の女性や骨粗しょう症の危険性の高い人は、検査を受けることをおすすめします。

MD法

MD法では人差し指の根元の骨をアルミニウム板と一緒にX線で撮影します。
その写真の影の濃度を分析し、骨密度を測るのです。

超音波法と同様に、骨粗しょう症であるかをおおまかに調べることができます。
指の骨量が減っている高齢者向けです。

MD法は簡単に検査できることがメリットです。
最初にMD法で検査を行い、その結果によって他の方法で再検査するのもおすすめです。

PQCT法

専用の小型エックス線CT装置を用いて橈骨(手首の骨)などを撮影し、エックス線の吸収率をコンピュータで測定します。

DXAなどの骨量測定法では、投影密度といって、障子に映った影絵のように一定面積の中の骨の量を測るだけで、物理学的な真の密度である一定容積の中の骨の量(容積密度)を測ることはできません。

また、DEXAでは奥行きが計測できないため、体の大きい人は骨密度が高いと判定されることがあります。
QCT(定量コンピュータ断層法)を末梢骨に応用したPQCTが、骨密度をもっとも正確に測る方法とされています。


次のページで、骨粗しょう症の治療について詳しく解説いたします。もっと見る