こちらも読まれています

視野欠損と疾患

視野が欠けたり歪んで見える症状をともなう病気の一覧

緑内障

緑内障は眼圧が上昇しすることで視野が狭くなったり、視力が低下する病気です。
緑内障の中には眼圧が急上昇するタイプ、眼圧が徐々に上がって視野狭窄をおこすタイプ、眼圧は正常なのに関わらず緑内障になる正常眼圧タイプがあります。

眼圧が急上昇するタイプは目の激痛吐き気頭痛嘔吐などをともなう急性緑内障を起こします。
また、光の周りに虹がかかったように見えることもあります。
このような症状が出た場合には発症してから48時間以内に治療をしないと、失明の可能性が高くなります。

緑内障の詳細はこちら >

網膜剥離(もうまくはくり)

網膜剥離は網膜が眼底から剥がれてしまう病気です。
網膜剥離になると、視力低下視野障害飛蚊症、光視症、変視症といった症状があらわれ、重度になると失明に至ることもあります。

飛蚊症の詳細はこちら >

網膜剥離には、網膜裂孔(もうまくれっこう)が進行することによる原性網膜剥離と、他の病気が原因で突然網膜が剥がれてしまう症候性網膜剥離があります。
糖尿病網膜症ぶどう膜炎などの疾患が症候性網膜剥離の原因となります。

こちらも読まれています

糖尿病網膜症の詳細はこちら >

加齢黄斑(おうはん)変性

加齢黄斑変性症は、老化などにより黄斑部が変質し、視力の低下や視界の異常を引き起こす病気です。
黄斑は視力の中心部に影響するので、視野の中心がかすんで見えたり黒ずんで見えたり、波打つように歪んで見えたりするのが特徴的な症状となります。
進行すると視力が急激に低下することもあります。

初期では片方の目に視野欠損などの異常が起こることが多いのですが、もう片側の正常な目で異常を補正してしまうために発見が遅れるのが多い病気でもあります。

加齢黄斑変性症の詳細はこちら >


次のページで、視野欠損と中心性漿液性網脈絡膜症・網膜動脈閉塞症・乱視について詳しく解説いたします。もっと見る

こちらも読まれています